ペットフードを選ぶ時は穀物の有無を把握する


ペットフードを選択する時のポイントは穀物の有無を確認することです。穀物とは主に小麦やとうもろこしなどです。基本的に猫には穀物を摂取する必要がないとされており、もし穀物を多く摂りすぎると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。実際にペットフードの中には穀物が使用されている製品が多く販売されており、知らない飼主さんの中には穀物を入っているペットフードを購入してしまう人も多くいます。

穀物を摂取し過ぎると現れる症状の一つとして、アレルギー症状が挙げられます。アレルギー症状は舐めたり、痒みを感じたり、酷くなると外耳炎などを引き起こす可能性もあります。舐める等の症状においてはアレルギーだと気づかない飼主さんも多く、症状を放置しておけば外耳炎などの重大な病気に発展する可能性が高くなります。外耳炎などになれば動物病院に足を運ばなければなりません。

アレルギー症状が現れるので、製造している会社は穀物を入れないようにすればいいのではないかと疑問を持たれる方もいますが、穀物は肉と比較して製造コストが安価でコスト対策として穀物を入れているところもあります。もし購入をする時は穀物が入っていないペットフードを選択するようにして猫の健康維持に努めましょう。
キャットフードブランドの“MogNyan”では穀物を一切使用していない為、愛猫の身体に負担をかけることがありません。日々の食事から健康をサポートしてあげることが大事ですので、キャットフード選びは慎重に行いましょう。