添加物を確認しよう


ペットフードを選択する時は穀物の有無だけでなく、添加物の有無も確認します。添加物は猫の身体に悪影響を及ぼす可能性が高く、猫の健康維持のために慎重に選ぶ飼主さんの中には無添加のペットフードを選ぶ人は多くいます。無添加のペットフードとは着色料や香料などが使われていないものを意味します。また、ペットフードの中には酸化防止剤などが使用されているものもありますが、この酸化防止剤も添加物に含まれます。

これらの添加物を使う主な目的は匂いを付けるため、美味しそうな色を実現するため、腐りにくくするためです。基本的に腐りにくくするため、消費期限が長いものには添加物が使われている可能性が高くなります。無添加の商品は消費期限が長く、しっかりと確認して購入をしなければなりませんが、猫の健康を考えて無添加のペットフードを購入する人は多いです。

現在では無添加で人間でも食べることができるヒューマングレードのペットフードも販売されており、ヒューマングレードで無添加のものを選択すれば安全な食事を猫に与えることができるでしょう。

このように選ぶ方のポイントについて紹介しましたが、どのような食品が配合されているのかも確認しましょう。ペットフードの中にはリンゴやオリゴ糖などが配合されているものもあるので、何が配合されているかによって得られる効果も変化します。


ペットフードを選ぶ時は穀物の有無を把握する


ペットフードを選択する時のポイントは穀物の有無を確認することです。穀物とは主に小麦やとうもろこしなどです。基本的に猫には穀物を摂取する必要がないとされており、もし穀物を多く摂りすぎると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。実際にペットフードの中には穀物が使用されている製品が多く販売されており、知らない飼主さんの中には穀物を入っているペットフードを購入してしまう人も多くいます。

穀物を摂取し過ぎると現れる症状の一つとして、アレルギー症状が挙げられます。アレルギー症状は舐めたり、痒みを感じたり、酷くなると外耳炎などを引き起こす可能性もあります。舐める等の症状においてはアレルギーだと気づかない飼主さんも多く、症状を放置しておけば外耳炎などの重大な病気に発展する可能性が高くなります。外耳炎などになれば動物病院に足を運ばなければなりません。

アレルギー症状が現れるので、製造している会社は穀物を入れないようにすればいいのではないかと疑問を持たれる方もいますが、穀物は肉と比較して製造コストが安価でコスト対策として穀物を入れているところもあります。もし購入をする時は穀物が入っていないペットフードを選択するようにして猫の健康維持に努めましょう。
キャットフードブランドの“MogNyan”では穀物を一切使用していない為、愛猫の身体に負担をかけることがありません。日々の食事から健康をサポートしてあげることが大事ですので、キャットフード選びは慎重に行いましょう。


高タンパク質のペットフードを選ぶ


ペットフードの選び方のポイントは高タンパク質のペットフードを選択することです。高タンパク質なものを選択すれば猫の健康を考えたペットフードを選択できる可能性が高くなります。例えば高タンパク質の商品を選択すればダイエットのサポートをすることができます。

肥満は人間においても健康に被害を与えるように猫も同様です。肥満の猫を飼っている方の中には減量をするために積極的に運動をさせる人もいます。が、飼主さんの多くは仕事や家事で忙しく猫のダイエットを長い間付きっきりでサポートできない方も少なくありません。運動ではなく食事制限でダイエットをサポートする飼主さんもいますが、食事制限をし過ぎると必要な栄養分を摂取することができずに、身体に負担を与えます。また、猫の中には食事制限をすることで満腹感を得られずストレスになる可能性もあるでしょう。

高タンパク質のペットフードを選択すれば、満腹感をその他のものよりも得られやすいので、ストレスを多く与えることなくダイエットをサポートできる可能性があります。また、満腹感だけでなく高タンパク質のペットフードを選択すれば皮膚の健康の維持や筋肉の成長や維持をサポートしてあげることができます。


猫のペットフード選びのポイントを知ろう


猫のペットフード選びに困っているという飼主さんは珍しくありません。困る理由の一つとして挙げられるのが種類の多さです。例えば販売しているショップにおいても複数あり、現在では通販サイトでも販売されているので買う場所から迷ってしまう人も少なくないでしょう。

更に一つの店舗で複数のペットフードを扱うお店が多く、それぞれの商品でパッケージや使われている原材料などが異なります。特に飼い始めたばかりの飼主さんにおいてはどのような原材料が含まれているペットフードが良いのか分からない方や、適切な商品選びが分からないため、ペットフードのパッケージの見た目で選ぶ人もいます。例えば自分の飼っている種類と同じ猫の写真がパッケージデザインとして採用されているペットフードなどです。

しかし、デザインなどで選択してしまうとしっかりと猫の健康的な生活をサポートすることができない可能性もあります。ペットフード選びに困るその他の理由は猫が摂取していけない食べ物がわからないことです。人間では食べることができるのにも関わらず、猫がその食べ物を食べてしまうと健康に大きなダメージを与える可能性もあります。食べさせてよいものかどうかを知らない状態でいると、どの原材料が使用されているペットフードが適切かどうかわからなくなってしまいます。

もしペットフード選びに迷われている飼主さんは選び方のポイントを参考に選択をすれば適切な猫のペットフードを選ぶことができるのではないでしょうか。